レオパ日記

初心者飼い主と、レオパとデグーと時々ドジョウ

-1日目まで

 

レオパさんを飼いたい。

そんな夢を見続けて早数年。しかし立ちはだかる大いなるネック。

 

1つ目は餌。基本的に虫が好きではないので、コオロギを飼育しなきゃいけないとかそれどんな地獄。

2つ目はアパート。うちはペット不可物件。

…が、2つ目に関しては、雑談からしれっと相談交渉にシフトして話した結果、「あくまでもペット不可の物件なので、OKと明言することは出来ない。ただ、こっそりと内緒で飼うならば知らないフリをすることは出来る」と大家さんの黙認宣言をいただいた。やったぜ。

 

残るは餌。コオロギ。

ペットショップに行き、「飼ってみたいがコオロギは嫌」と店員さんに伝えたところ、「ワームでもいけますぜ、へっへっへ」と悪魔の囁き。

「日本ではコオロギが推奨されてるけど、海外のブリーダーはワームで飼育している人が多数いる。ガットローディング(餌に餌を与えて餌自体の栄養価を上げる)とダスティング(餌にカルシウムやビタミンの粉末をまぶして与える)をしっかりやればワームでも問題なく飼える」とのこと。

食べる食べないは個体によるけども…と実際にミルワームとハニーワームをあげてみてくれた。

問題なく食べてる。

コオロギは嫌だがワームならいける!冷蔵庫で保存出来るのも素敵!

そんなこんなで、この日は「まずは好みのモルフを決めよう」と本だけ買って帰って来た。

どれもこれも可愛かったけど、やっぱり初めてレオパを見た時の印象が強いので、ノーマル、ハイイエロー、バンディッド辺りがいいなぁ。

欲を言うなら柄は少し薄めがいいけど、初心者的には餌やりに不安があるので、視力が弱いアルビノさんは避けたい気持ち。

 

さて。

飼うと決めたら次は飼育環境を整えよう!ということで、持ち帰りの出来ないケージだけを先に通販で購入。

観音開きの方が楽だとは聞いてたけど、置く場所との兼ね合いでスライド扉のパンテオンのBK4535を購入。

確かに観音開きの方が良かったかも知れないけど、不便というほどでもないので問題なし(ただ、付属のスライドロックは滑りが悪くて堅くて使い物にならなかったので、とりあえずロックなしで使用中)。

 

そして再度ペットショップへ。

ダメ元で、「色は黄色系で柄はあった方がいいけど薄い方がいい。でもアルビノは避けたい」と店員さんに言ってみた。困ってた。

ケージだけは買ったと伝え、今日は他に必要なものを買いたいと一式揃えてもらった。

パネルヒーター、セラミックヒーター、水入れ、ウェットシェルター、サーモスタット、温度計、湿度計。

ついでになくてもいいUVライト、石、流木、植物。

さらば諭吉ズ。

 

これで環境が整えばレオパさんをお迎え出来るぜ!と意気揚々と帰宅&セッティング。

その気張りすぎケージがこちら。f:id:dapano:20160308162707j:plain

 

しかし、レイアウトは気張ったものの温度が上がらない。どうしても26℃までしか上がらない。

築30年以上の木造アパートなので、冬は基本寒い。その上ケージの近くに窓がある。

そこで、側面に貼り付けるパネルヒーターを1枚追加。

更に、キッチンペーパーが上手く敷けない不器用さが炸裂したので砂も購入。

 

これでお迎え出来る環境が整った!とペットショップへ向かうのでありました。