レオパ日記

初心者飼い主と、レオパとデグーと時々ドジョウ

5日目

「今月の頭に買ったレオパさんが餌を食べてくれないんですが、どうしたら食べてくれますか?どのくらいの間なら食べなくても大丈夫ですか?」とレオパさんを買ったペットショップに電話をしてみた。

飼育環境やら状況やらを説明すると、「じゃあ1度連れて来てみてください」と言われたものの、移動用のケージがない。

取り急ぎ、小物入れに使っていたプラスチックのケースにノコギリで無理矢理空気穴を開けて、カイロを貼ったタオルを巻いて、中にキッチンペーパーを敷き詰めて、ペットショップへ。

 

f:id:dapano:20160308180709j:plain

こんな感じ。

 

「尻尾は全然大丈夫ですね。細くはなってません。でも、5日目ならそろそろ食べてもいい時期なんですけど…」とミルワームを与えようとするが、顔を背ける、背ける、背ける、背ける、全力で背ける。

ハニーワームを試してみるが、背ける、背ける、以下略。

コオロギを試してみるが、以下略。

「うーん…」と困り果てているところにお客さんがきたので、「すいません、ちょっと待っててくださいね」と接客してる間に、ケージの中でチョロチョロしてるコオロギをレオパさんが捕食。

これは…もしかすると…な嫌な予感。

 

戻ってきた店員さんが「あれ?食べましたね」ともう1度コオロギをあげようとすると、やっぱり背ける。

何度かチャレンジしてやっとパクっと食べた。

お店ではコオロギをケージの中にポイポイっと放ってあげてたらしいので、ピンセットからの給餌には慣れていない様子。

 

放ったコオロギ>ピンセットコオロギなのは分かった。

でも、私はワームでいきたい!

それはもう店員さんも分かってくれているので、再度はハニーワームチャレンジ。

食べない。

そこで、ハニーワームを千切って顔にちょいちょいっと付けると、何度目かのチャレンジでとりあえず食べた。

食べたけど、その食べさせ方、私には出来ません。

ミルワームも千切ってちょいちょいするも食べない。

 

「この子、ミルワーム好きじゃないみたいですね」

『マジかよ!』

 

飼う時にミルワーム食べるかちゃんと試してもらったはずなのに…試してもらったはずだけど、私が買ったこの子はその食べた子だっただろうか…。

あれ?違う子選んだような気がする…。 

 

結論としては、まずはピンセットで食べさせることに慣らすのが優先順位1番。

確実に餌と認識してるコオロギで慣らそうということになり、私は…コオロギを…買うことを決めました…。

 

30匹からのところをとりあえず10匹だけ売ってもらい、コオロギ用のプラケースを買って、「これに、これに入れてください」と新聞紙とコオロギを入れてもらった。

 

「もうワンサイズ大きいケースのがいいですよ」

「もうワンサイズ大きいのは蓋に小窓付いてなかったんです。蓋外さないとダメなやつしかなかったんです」

「あぁ、なるほど」

 

そんな訳で、今、家にコオロギがいます。

カサカサしてます。地獄。

 

何はともあれ、コオロギ2匹とハニーワーム1匹、無事に食べてくれたので安心しました。

 

そういえば、やっと名前を決めました。

ダフネさんです。

性別聞いてくるの忘れたし、掴んで裏返すなんて荒業はまだ怖くて出来ないので、オスでもメスでもダフネさん。

オスだったら呼び名をダフさんにすればいいかな。